男性専用美容室|LOVE HAIR? for men

ホーム/MAGAZINE/コラム/これを食べれば生える!?薄毛に効果的な食事とは?

LOVE HAIR? MAGAZINE

これを食べれば生える!?薄毛に効果的な食事とは?

コラム 2019.06.07

どうも。

30代半ばになり、最近数人の友人の頭皮が寒そうになってきて

明日は我が身のLYOです。

男30代

まだ毛髪達とはお別れをしたくないので、

あがいております。

その中で、日常から簡単に続けられるものとして

食事に、一品あるものを付けたしています。

そのあるものが育毛に大活躍するのですが

皆さんご存知ですか?

『IGF-I』

日本名(インスリン様成長因子)

あーあれねって知ってたら凄いです。

『IGF-I』ってなに?

『IGF-I』とは、
僕達の身体の中に存在するもので
筋肉、骨、皮膚、神経、内臓のほか、唾液などにも含まれているアミノ酸の結合体。

「IGF-I」が増えると乱れたへアサイクルを正しい周期に戻し
抜け毛を減らし発毛促進させちゃいます!

そして髪だけでなく『IGF-I』にはアンチエイジング、

つまり、身体を若く保つ効果があり、

肌のシミが減ったり、くすみが取れたりして、
さらに肌の弾力性を上げることで、肌のたるみも改善させちゃうそう。

 

神か!!

 

ただし、この物質は年をとるにつれて減少していきます。

なので抜け毛・薄毛に悩む人が増えていくんですね〜。

『IGF-I』を増やすには??

身近な食品でいえば

カプサイシン→唐辛子

イソフラボン→豆腐

この2つ

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取が条件

目安は1日に一味唐辛子を小さじ2杯。イソフラボンのほうは豆腐なら半丁くらい。

何故生える???

原理をざっくりいえば

知覚神経を刺激すると、「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」が放出され

(CGRP)が体内の『IGF-I』が増やします。

なので、

イソフラボンをとり「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」を増やし

カプサイシンで知覚神経を刺激してCGRPの放出を促す

それで『IGF-I』が増えて

生える

って感じです。

 

唐辛子、豆腐を同時に摂取‥

皆大好き麻婆豆腐!!

IGF-Iは夜間に増えるといわれているので、
晩御飯のメニューに唐辛子と豆腐を使った料理
麻婆豆腐を食べれば間違いないですね!!

流石に毎日、麻婆豆腐を食べ続けるのは中国の方でも辛いと思うので、

一味唐辛子と豆腐を使った

「冷奴のキムチ乗せ」「チゲ鍋」。それか、もっと簡単に豆腐を具にしている味噌汁に、

一味あるいは七味トウガラシを加えてもいいかもです♫

僕は面倒なので、豆腐に一味をちゃちゃっとかけて食しております。

ちょっと頭皮が気になるなーって方は是非お試しください!!

サロンオリジナルアプリをiphone、Android携帯電話用にてご用意しております。

アプリにてメンバーズカード機能・WEB予約・来店履歴記録・情報配信などの機能をご利用いただけます。

  • WEB予約
  • 限定クーポン配信
  • ポイントサービス
  • 誕生月プレゼント

LOVE HAIR? 1st西区姪の浜

〒819-0002 福岡市西区姪の浜5丁目3-26

092-881-0717

LOVE HAIR? 2nd早良区原

〒814-0022 福岡市早良区原1-39-24

092-407-5775

LOVE HAIR? 3rd博多区吉塚

〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町9-11

092-409-9070

LOVE HAIR? 4th中央区六本松

〒810-0031 福岡市中央区谷1-13-20

092-751-6636